リフォーム・リノベーション

リフォーム・リノベーション

「リノベーション」とは、時間の経過とともに古くなった既存の建物を、現代生活にあった機能、用途に改修・改築し、新たなスタイルを持った住まいとして変身させ、その建物の魅力を再び高めることをいいます。
エイルメイトでは『質の高い提案』の一つとしてリノベーション提案も行っております。
ここでは実際管理している物件でのリノベーションの提案例をいくつかご紹介いたします。

  • 例1)可変性が高く、収納豊富な間取へリノベーション

    変更前

    提案書

    昭和50年代に建設された団地で、住戸内の設備や部材が古くなっている為、訴求力を失い長く空室が続いていました。
    メインターゲットに対して綿密な分析を行い、10年先、20年先の入居者のことを考えたリノベーションプランをご提案しました。

    変更後

    居室を全て南面に配置し、居室の居心地の良さに配慮しました。
    収納スペースを充実させ、すっきりとした快適性の高い居住空間に。
    また、幅広い家族構成・ライフスタイルに合わせることができるようにリビングと洋室の間に可動間仕切りを設けるなど、
    可変性の高いプランニングを採用しました。

  • 例2)間取りの変更(3LDK⇒2LDK)

    変更前

    3DLKのお部屋で間取りが極端に悪く、和室を締めきるとリビングに陽があたらない状況で、空室が続いていました。
    市場調査等行い、地域的に2LDKの需要も高い点をオーナー様に説明し、間取りの変更を行いました。

    変更後

    和室を無くし、広いリビングにしてあげる事で、開放的なイメージをもたせる事ができました。また、所々にポイントクロスを貼る事で高級感を出しました。
    変更した結果、2LDKにも関わらず、前回3LDKと同等の家賃にて即日契約を頂き、オーナー様にも喜ばれました。

  • 例3)浴室改修(3点ユニットバス⇒風呂トイレ別)

    変更前

    ワンルームタイプの部屋で、浴室が3点ユニットの古いタイプとなっていた為、駅近くにも関わらず、このタイプの部屋のみ数個空室が続いていました。家賃を下げる事も検討しましたが、ワンルームでは風呂トイレ別が必須項目となってきている為、風呂トイレ別の改修工事提案を行い、実施しました。

    変更後

    風呂トイレを別にし、洗濯機置場を室内へ移動しました。また、無駄に広かったクローゼットを無くし、部屋を広く見せるよう工夫しました。変更した結果、賃料は当初3点ユニットの設定より5,000円アップしたにも関わらず改修工事完了前に契約を頂き、オーナー様にも喜ばれました。

※上記は提案のほんの一例となります。リノベーションに関しても様々な実績ある弊社にお任せ下さい。
建物・周辺環境に合ったご提案ができるかと思います。

管理に関するお問い合わせ 作州不動産株式会社 賃貸事業部(エイルメイト) 092-283-7797

ページトップへ
Fudousan Plugin Ver.1.1.2 nendeb